アミはアミなの!

犬と暮らすWEB漫画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

 母が逝って早いもので半年以上経った。
そしてその間、肝心な時には夢に出てくることを知った。

初めのころの2~3回の夢では家でお茶を飲んだりくつろいでいた。
父も一緒だった。
キッチンに行くと二人がテーブルでお茶を飲んでいる。
びっくりして、「死んだんじゃなかったの!?」と聞くと「いるのよ。」と言った。

別の日の夢では、普通に家にいるので、あまりにリアルで生き返って来たと思い、
「どうやって戻れたの。四十九日も終わったのに。」と驚くと、
「こういうことなのよ。」と言った。

家の中をうろうろ歩いている母を見て、
「すごく元気じゃない。今のうちにどこか旅行でも行く?」と聞くと、
ちょっと考え込んで、
「うーん、まだ完全に元気になったわけでもないのよ。」と言う。
あとで読んだ死後世界の本では、あちらに行くとすべての病気や体の不自由が瞬く間に治るわけではないと書いてあった。
向こうは想念のみの世界なので、車いすに長年乗り慣れている場合などは霊になっても車いすで現れたりするらしい。
母は時間をかけて治したいんだろうか、と思った。

後片付けに追われて私の血圧が少し高かったときは、「高いわよ。」と少し怖い顔で出てきた。
「でも135の90よ。ギリギリセーフじゃない?」というと、「でも高いわよ。」と譲らなかった。

そして最近のこと。
母が掛けておいたタオルを洗おうと手に取って、久しぶりに切なくなった。
「話したいなぁ。あなたは話しかけてるかも知れないけど私には聞こえないし、そばにいるかも知れないけど見えないし、たわいもないことおしゃべりできないのは寂しいなあ。」と大声でしゃべりながら洗濯機に突っ込んだ。

その夜、寝付いて間もなく母が夢に現れた。
ものすごく綺麗で若くて、4Kのテレビで見ているようにくっきりと鮮やかでにこにこ笑っていた。
「そうなの、すごいね。」と私は相槌を打ちながら長いことおしゃべりをして、はっと目が覚めた。
今見たばかりの映像に浸りながら寝直し、朝になったらすっかり話の内容をを忘れていた。

笑いながら「そうなんだぁ。」と納得していたのだから、たぶん楽しく世間話をしていたんだと思うが、残念ながらどんどん薄れて、夢に見たことも初めは思い出せなかった。

これも何かスピリチュアルな本で読んだのだが、人は寝ているときが一番霊的能力が高まり、あの世とのコンタクトが取やすいという。
霊的能力の薄い人も夢では左脳の縛りが取れて、あちらに行った人やもしかすると犬と頻繁に会っているという。

ただ、覚えていないだけらしい。

覚えていられる夢は、目が覚める直前に浅くなった眠りの中で見る夢だけなので、数少ないのだ。
今回の母の夢も、そこで一度目が覚めなければ覚えていなかったに違いない。

その時もあまりにはっきりしていたので忘れるはずがないと思っていた。
でも忘れた。
書けば良かった、夢日記を書けとよく言われるのはこういう事なんだね。

こういうこと、つまり夢に母が出てくることは私の思い込みだろうか、希望的妄想が夢になったのだろうか。
それとも霊魂は本当にあって、夢でメッセージを伝えてくるのだろうか。
私個人の中では、心が作り出した夢と、父や母、そしてアミが本当にコンタクトを取ってきた夢は感覚が違う。
『来た!』と思う。
でもそれも証拠は?と言われるとわからない。

いつかその謎の研究に挑戦したい。
確信をつかめたらどんなにわくわくするだろう。
そう思う今日この頃である。

e140.jpg

スポンサーサイト

PageTop

意外と悪女?

あみりの食事には毎日苦労している。
フードを食べてくれないし、一度に食べられる量も少ない。
それで、あみりだけ一日に何度も特別食を食べさせるのでみんながちょっとかわいそうだ。

この前、出汁で柔らかく煮た鶏肉をあげた。
見るともなしに見ていたら、口にくわえてグミの顔の前に突き出した。
首を伸ばしてわざとらしく突き出すのだ。
ぐみは「えっ、くれるの?」とばかりに食べようとした。
するとひらりと身をかわす。
もう一度突き出す。
ぐみは身もだえしながらなんとか取ろうとする。
それをかわしてこれみよがしに食べた。

あきらかに「いいでしょー。」と見せびらかしている態度。
ぐみ可哀そう・・・・。
あおむけになってちょうだいちょうだいをしている。

しょうがないから、ぐみや他の子にも少しずつあげる。
みんなはフードは残さず平らげてるんだから絶対太ると思う。
こっそりあみりだけ別場所であげることも考えたが、きっと食べないだろう。
とにかく「食べる」ということに意欲のない子なのだ。
みんなに取られるという環境でなんとか食べているようなもので、それは多頭飼いのおかげなのだ。

ごめん、ちょっと悪女だけど、あみりを少しでも長生きさせるために、みんな協力してね!

e139.jpg

PageTop

ユリ逝く

10月27日朝、ユリが逝った。
16歳と2か月だった。

つい最近ユリが元気だとコラムに書いたばかりだ。
老衰は人間も犬もだが、低空飛行であってもずっと変わらない状態が続き、まだまだ元気なのではないかと思うと、あっと言う間に体調を崩してその日がやってくる。

亡くなる一週間くらい前からフードを半分くらい残すようになった。
時間をおいてもう一度食べさせると時間をかけて平らげるので大丈夫かと思った。

2,3日経って、完全にフードに手をつけなくなった。
同じ姿勢で一日中寝ていた。
そこから早かった。

流動食も受け付けず、5日後逝ってしまった。

動物の葬祭場に連絡を入れて連れて行った。
今回は初めて一人で送る。
葬祭場の人とはディープな顔なじみだ。
今年1月にクイーンが亡くなり、歩くのがつらくなっていた母と一緒に送りに来た以来、これで18頭を送ったことになる。
アミ漫画の最後のシーンで登場した葬祭場なので、漫画をプレゼントしたこともある。

我が家はペットと入れるお墓を買っているので、母の納骨に合わせてうちにあった11柱(そのうちの一つはアミだ。)のお骨を粉骨して一つの骨壺にまとめてもらったのが5月。

「ユリちゃん、ママに会えるよ。ほかのみんなもきっといるよ。よろしくって、私たちは元気だよって伝えてね。」
と亡骸に語りかけると、葬祭場の人がしんみりと「そうだねぇ、よかったねぇ。」と言った。

本当に会えただろうか。
懐かしの再会を果たしただろうか。
ちょっとうらやましい、そして一つ肩の荷が下りた。

6頭が5頭になっただけなのに、家の中ががらんとした感じがする。
夜になるとユリの夜泣きの声がするような気がする。
夜泣きもおむつの世話もあんなに大変だったけど、無くなってみると大したことなかったように思える。

残った子たちを悔いのないように大事に一日を過ごさせなければ、と改めて思う。

e138.jpg

PageTop

お気に入り

 キッチンのわきにある、いわゆる勝手口を開けると、約一畳の工具箱や分別ごみなどの置き場があり、そこから庭に出るドアの下部は犬のくぐり戸になっている。

 毎日みんなを外に出すときはこの勝手口を開けて放っておくと、出たり入ったりして遊んでいる。
しばらくして外に出てみると散らかっていること!
家にあったおもちゃがみんな外に出ている。

持ち出すのはたいていあやめだ。
外に出てから「しまった、忘れた。」とばかりにもう一度取りに戻ってくる。

先日はショールが出ていた。
断捨離時に出てきた私の成人式の時のフェイクファーのピンクのショールで、母が取っておいてくれたものだ。
捨てようかと思ったが、犬用毛布に寄付した。
着物の上に羽織るからかなり長くて大きい。

これをどうやって持って出たんだろう。
勝手口のドアは全開ではない。
その勝手口から出て2段階段を降り、道具置き場を通って犬くぐりを通ってようやく外だ。

どうして外に持ってこようと思ったんだろう。
その時犬の頭の中には何が浮かぶんだろう。
外で、「あっ、あれを持ってきたらポカポカして日向ぼっこに気持ちいいだろうなぁ。」と思うのだろうか。

前にも書いたと思うが、私たちは物に名前がついているからイメージしやすい。
「○○ちゃん」と思うと顔が浮かぶ。
ためしに名前を心で唱えずにその人の顔を浮かべてみてほしい。
難しくないだろうか。

つまり想像力を組み立ててストーリーにするには言語が重要な要素を果たすのだ。

では犬は?
まさか「ショール」とは思わないだろう。
「お天気がいいからショールもあればもっと気持ちいい。」はかなり複雑な企画だ。

言語を持たない犬にとって、これはすごいことではないだろうか。
本当にすごい。

ちなみにあやめに「ショールはお外に持ってこないで。おうちに持って帰りなさい。」と言ったら、ずるずると1メートルもあるピンクのショールを引きずって、犬くぐりを力任せに通し、階段を上って家に持って入って行った。
片づけることもできるわけだ。
感心なやつ。

e137.jpg

PageTop

ユリその後

 ユリが元気だ。
と、いうか、元気ではないが調子を保っている、というところか。

 先週食べなくなって、一日中死んだように寝ていたので、「これは間もなくか。」とドキッとした。
ちょうどNHKで老衰の番組を観たばかりで、延命をしなければ食べなくなって一週間ほどで人は亡くなっていくと説明されていて、「わかる。犬はもう少し短いけどそんな感じたなぁ。」と思っていた所だった。

その後丸一日経って食べ始め、元気を取り戻した。
それでも確実に寝ている時間は長くなっている。
狭いところに挟まって動けずに悲鳴を上げる。
足腰が立たないので寝転がってしまう、それでも呼吸が楽になるよう首を上げていたい、それで狭いところで体を安定させたいのだろうか。
クイーンも17歳で死ぬ前、よく狭いところにはさまっていた。

前におむつのことを書いたが、これは画期的に進歩。
人間の新生児おむつ以外に、ネットで買ったり犬用紙おむつを試したりといろいろやっていたが、ようやく脱げない方法にたどり着いた。

犬用は確かに穴も開いていて便利だが、一日3回替えるにはふところがつらい。
介護用パンツは漏れて汚すと洗濯が大変なのと、脱げないようにつけるネックホルダーが圧迫感があるようで、老犬には少し苦しいかもと思った。
結局は人間用をうまく加工するのが一番良かったみたいで、試行錯誤の末かなり脱げにくくできるようになった。

① おむつのテープのついてる方寄りに尻尾が通るくらいの穴を十字に開ける。
② 十字をそれぞれ折り曲げセロテープで留める。(粒粒の吸水材がこぼれて落ちてこないようにするため。)
③ 人間の赤ちゃんと同じにおなか側でテープで留める。
④ 背中側のウエスト部分をギャザーを寄せるように折りたたんでガムテープで留める。

見た目ウエストで絞ったブルマーみたいだが、これが一番!
以前は反対側に穴をあけて犬用のように背中でテープを止められるようにしていたが、これだと脱げやすい。
前で留めるようにしたら、ポケットのように下が膨らんで、ウンチをしても膨らみの中にボトッと落ちてお尻につかない。

GOOD JOB!!

e136.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。