アミはアミなの!

犬と暮らすWEB漫画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

殺しのVTR

デイヴィッド・リンジー著『殺しのVTR

サスペンス小説家にはそれぞれヒーローの主人公シリーズがあります。デイヴィッド・リンジーの場合、それはヘイドン刑事と言うタフだが心に闇を持つ男。
これはヘイドンシリーズの二作目に当たります。
ヘイドンには美しく聡明な妻がいてヘイドンを支え続けていますが、彼が心を閉ざし一人の世界にこもる時、非常につらく無力に感じています。
この作品ではヘイドンのその闇の部分を、彼が妻ニーナに初めて告白します。
犯人に迫れると言うことはその異常心理を理解出来、我がことのように感じられると言うこと。
そのヘイドンの危なさが伝わります。

殺しのVTR』-デイヴィッド・リンジー-

20070128224807.jpg

扶桑社ミステリー・800円

ジャンル:サイコサスペンス
サ イ コ度・★★★
サスペンス度・★★
ホ ラ ー度・-
ロ マ ン度・★★
感  動 度・★
読みやすさ度・★★

ある映像編集のプロが会社の現像室で殺される。
それには戦争カメラマンから渡されたビデオフィルムが関わっているらしいが何が写っていたのかははっきりわからない。
写っているものをネタに強請ろうとする者は?
またその内容は?
ヘイドンが捜査をすすめるうち、残虐を極めた恐ろしいゲームが浮かび上がってくる。

前半は非常に読みにくかった。
物語が後半に進むにつれて加速度的に入り込んで行ったが、もう少しテンポ感が欲しい、サイコなのかサスペンスなのか推理物なのか途中まで判りにくく消化不良。

残虐シーンはスプラッター系を思わせる凄まじさで、匂いまで感じるほどの描写のリアルさがやはりリンジー!とうなずかせる。

ヘイドンの心の闇の描写も丁寧で、妻ニーナの苦しみと共に、愛し合いながら崩壊しかねない夫婦の危うさをよく表現して共感を呼ぶ。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。