アミはアミなの!

犬と暮らすWEB漫画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

流産

 残念なことにすみれが流産してしまった。
3月19日夜、ヒーヒー泣き始め、暗い所にもぐりこんでガリガリと掻きむしり始めた。
まさか、とお尻を見ると緑色に汚れている。
胎盤が剥がれて出て来た色だ。

犬の妊娠期間は60日前後なので、出産予定日まで10日以上ある。
人間なら8ヶ月くらいの早産と言うところか。
人間は設備が整っているからまだ何とかなるが、犬ではほとんど望みはない。
産まれたとしても、まだ毛も生えてないネズミの子の様で、助けられる術はない。

 結局4日かけて計6頭(体内で吸収したような気配も入れれば7頭)が出てきてしまった。
全員死産で、直前まで生きていたような子もいて、小さいながらも犬の形になっていて哀れなことこの上ない。

 妊娠30日位から、「もう明日産まれてもおかしくない」と言うほどお腹が張っていた所をみると、小型犬の中でも小柄なすみれに6~7頭はどう考えても多すぎたのではないか。
ゴールデンレトリーバーならまだしも、パピヨンでこの数は初めての経験。

 その後すみれは具合が悪く、食欲もない。
当然機嫌も悪く、顔に険がある。
一人で二階に上がって私のベッドの上で一日中寝ている。

夜、あやめが寝に上がって来たら、すみれが鼻にしわを寄せて唸った。
「近寄るんじゃないわよ!」
その時のあやめの反応ったら!
すごくびっくりした顔で私に振り向き、「ひゃい~ん」。
直訳すると「ママ、いつもおとなしいすみちゃんが怒ってる。私何にも悪いことしてないのに、ひどい!」
って感じだろう。

そうね、あやめちゃんには分からないだろうけど、すみちゃんは大変な経験をしたんだよ。
そのうちもとの優しいすみちゃんに戻るから、もうちょっと我慢してあげようよ。

e55.jpg

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。