アミはアミなの!

犬と暮らすWEB漫画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今年のアゲハは・・・。

 5月あたりからひらひらと飛び始めたアゲハ達。
柚子の葉の周りをうろうろしていたので、数日後見るとちっちゃ黒いのが産まれていた。

さらに一週間くらい救出作戦決行するか悩んでいたが、とうとう去年の飼育箱を出してきて一匹ゲット。
(正式には一頭と呼びますね。普段は匹でも良いみたいです。)

体長2センチくらいに育っているクロアゲハだ。
やった。今年は幸先がいい。
普通のアゲハより黒系は大きいし見事だし、育て甲斐がある。
ここに希少性が加わってくるとワクワクする。

その次の日、ナガサキアゲハの幼虫と、初めて見る緑色の幼虫。
なんだこれ???

最近は幼虫見ると大体種類が分かるようになったし、アゲハの飛び方で雄雌区別もつくようになった。
幼虫は最初は鳥の糞の擬態で黒っぽいのに緑色が強いのは見かけたことがなく、さっそく幼虫辞典で調べた。

すると、おおっ、カラスアゲハだ!
3匹とも違う種類なんてすごーいっ!

おやおや、結局今年もどっぷりじゃないかぁ。

しかし一匹目のクロアゲハの羽化はとうとう見ることが出来なかった。
寄生バエにやられて、さなぎから3匹も蛆が出てきてしまった。
私が油断して、柚子の葉を良く洗わなかったせいか、捕まえた時にすでに寄生されていたかどちらかだ。

もし私のせいだとしたら、救出したつもりがハエの卵がついたままの葉を食べさせたとしたら、と思うと本当に申し訳なく気持ちが暗くなった。
アゲハに選択肢はないのだから、自然の中で同じことが起こるのとは違って残酷だ。
次こそ念入りに気をつけて洗うから!
ごめんね!アゲハ達。

そして昨日夜、2匹目のナガサキアゲハの蛹が黒くなり始めた。
やられてなかった。嬉しい。
夜中のうちに枕元の窓際に移し、朝を待ったが羽化せず。
今日は10時に出かける用事がある。
朝から雨が降り出しているので濡れないように、スズメやカラスに見つからないようにと場所をあちこち変えて、結局雨除けの付いた外の道具置場の棚に移した。

蝶は普通は朝羽化して2時間くらいかかって羽を広げ午前中に飛び立つ。
この子の晴れ姿は見られないだろうなぁと後ろ髪をひかれながら出かけて夕方5時頃帰ってくると、なんと、羽化したばかり。
しわくちゃの羽がカールしながら伸びて広がった所だった。

わーい、待っててくれたみたい!
見守っていたが飛び立たず、どんどん日が落ちて行く。

そのまま夜を迎え、気になって何度もそっと裏口を開けて覗いたが、動く気配はない。
雨は一晩中降り続き、次の日の朝、小降りになった雨の中見に行くと、アゲハはいなくなっていた。

雨の少しの合間に飛び立っていったのだろうか。
短い蝶の命、思いっきり楽しんでね。

さっきからカラスアゲハが糸かけを始めた。
初めてのカラスアゲハ、どうかどうか、寄生されていませんように!
この目で羽化を見られますように!

p.s. このカラスアゲハはやはり寄生されていました。
2日後死んでしまい、本当に本当に残念。
同じ日、庭でも地面に落ちてアリにたかられているクロアゲハのサナギを発見。
蝶になるまで、壮絶な戦いを勝ち残らなければならない。
しゃがんで死んだサナギを見つめながら「どうしてこんなことになってしまったの?」とつぶやいた。

e120.jpg

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。