アミはアミなの!

犬と暮らすWEB漫画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

≪ぺこ≫

 あみりには生まれた時から頭蓋骨に大きな穴が開いている。
通称「ペコ」と呼ばれている穴だ。

頭蓋骨は人間もそうだが、4枚の骨が合わさって出来ている。
胎児の時、その4枚が徐々に成長して合わさり、頭蓋骨が形成される。

ツボで「天柱」はその合わせ目の事だ。
天柱を触ってみるとわずかに凹みを感じる程度だが、未熟児などの場合、骨の形成途中で生まれてきてしまうので穴が開いているのだ。
チワワなど超小型犬にも多い。

軽度なら成長するにつれて骨も成長し、ふさがって行くが、あみりはあまりにペコが大きかった。
そっと触れてみると人差し指が丸々入ってしまうほどの大きさ。
頭の大きさがピンポン玉くらいのころの人差し指大だから、触れるだけで背筋がぞっとしたものだ。
そこの部分は膜はあるものの脳が露出していることになる。

遊んでいて頭をぶつければ即死だ。
触れると頭痛がするらしく「キャーン」と言うので、頭をなでることもできなかった。
思いきり遊ばせてあげたくて、一時期はヘルメットをかぶせることを考えた。
プラスチックかアルミなどの材質で何か出来ないかと頭の中で試行錯誤していた。

あみりがまだ小さいころ手が頭に当たってあみりが泣き叫んだことがあった。
私は「ごめんなさい!ごめんなさい!神様気をつけます!お願いします、まだ連れて行かないで!!」と必死に祈った。

頭を触られたくないのは1歳過ぎまで続いていたので「ぺこ」の確認は最近はしていなかったが、数日前ためしにそっと撫でてみたら悲鳴をあげない。

おや。

そーっと頭の中心を指を滑らせてみた。
ぺこの大きさが小指の先位になっている。
その穴もふにゃふにゃではなく、厚い膜のような感触がある。

やった。
成長するんだ。

穴が大きすぎてあきらめていたが、命と言うのはすごい。
そこまで考えてふと気が付いた。
最近吐き気も収まっているので、与えるたんぱく質の量を増やしている。

腎臓は、たんぱく質から出る老廃物の解毒の仕事をしているが、一生で解毒できる量が限られている。
もともと機能不全の腎臓の場合、たんぱく質制限は必須条件だ。

あみりの場合一日に食べさせられるたんぱく量はわずか4g。
それを超えるとリスクが高まる。
今、解毒作用のある薬を食事ごとに飲ませながら8gくらいまで増やしてきている。

そのせいで骨が発育しはじめたのかも知れない。
ふーっ。
なるほどねぇ。

一つの病気の事だけ良かれと思うと別の病気のリスクになったりして。
バランスが大事なのは人間も同じだなぁ。

e155.jpg

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。