アミはアミなの!

犬と暮らすWEB漫画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

≪アゲハたち≫

大量のアゲハたちのその後。

クロアゲハ2匹は死亡。
 一匹は寄生ハエにやられて3匹のウジが出てきた。
 もう一匹は羽化直前死んだ。理由はわからず。

モンキアゲハ一匹は無事大きな蝶になった。
 夜のうちに蛹が透け初めて黒くなるので、次の日羽化するとわかるのだが、朝になっても羽化しない。
 歯医者の予約があって11時には出なければならず、ライトを当ててあたためてみたりしたが、間に合わず出かけた。
帰ってきたらリビングを飛び回っていた。
犬達にやられないで良かった・・・。
放蝶。

ナガサキアゲハ3匹全員羽化。
 モンキの次に大きく、難しいと言われているナガサキアゲハだが、うちとは相性がいいようだ。
 何匹も羽化させているので古巣に戻って産卵する子が多いのだと思う。

カラスアゲハは3齢幼虫くらいで死んだ。
 何を間違ったかカラスアゲハの幼虫が1匹柚子の葉についていた。
 見たことのない色と形の幼虫。
 もしやあんなに育てたかったカラスアゲハ!?
 まさか。でも幼虫図鑑と見比べてもカラスだ。
 その不明幼虫はじっとして大きくならず、どんどん弱っているように見える。
 カラスアゲハはふつう柑橘系には産み付けるられることはない。
 カラスアゲハの一番の好物の食草は「コクサギ」。
 インターネットでちょうど買ったばかりのコクサギの苗を植え付けたばかりだったので、試しに一枚葉を与えてみた。
 そしたらわしづかみにしてすごい勢いで食べ始めた。
 「カラスだ!」
しかし、数枚食べたところで苦しみ始めた。
そうか・・・。
わかった。
届いたばかりの葉には農薬がついていたのだ。
箱の底に落ちて転げまわっている幼虫に何度も手を合わせて「ごめん、ごめん」と言った。
 
ナミアゲハ8匹全員羽化
 幼虫で死んだ者もいたが、蛹になったものは一週間で羽化。
 クロアゲハたちが羽化に2週間以上かかるのと比べるとナミアゲハたちの回転は速い。
 そして、羽化したメスを庭に止まらせて3時間ほどしたらオスがやってきて交尾していた。
 えっ、早いね。
 ちょっと同情。
 蛹になった一週間以上前から飲まず食わずでしょ?
羽化で疲れてるでしょ?
いくらなんでも花の蜜位吸わせてあげればいいのに。
チョウチョやるのはほんとに楽じゃない。
蝶だけじゃない。
生きていくって大変だ。

e173.jpg

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。