FC2ブログ

アミはアミなの!

犬と暮らすWEB漫画

アミ(改)!?

3月末、友人に占い師兼スピリチュアリストを紹介してもらった。
会って私の顔を見るなり、「いろいろ大変でしたね。」とその方は今の私の状況を語り始めた。
ずいぶん的中するので「昨年末に死んだ犬のことは分かりますか?」と聞いてみた。
すると、「黒い顔の犬ですか」と言うではないか。
「はい!黒いです!」
「おとなしい子ですよね。」
「そうです!おとなしいです!」
どっと涙があふれた。

その人は続けた。
「私に見えるという事は、いつもあなたのそばに来ているという事ですね。
でも、あまり呼び出さないようにしたほうがいいですよ。」
「なぜでしょう。」
「この子はもう生まれ変わる準備に入っています。」
「えっ!? じゃあ私が死んだとき向こうにいないかもしれないんですか。
もう会えないかもしれない?」
その人はしばらく宙を見るようにして考え込んだ。
「いえ・・・、会えるようですね。うん、会えます、8月以降です。」
アミはもう一度私のもとに生まれようとしているらしい。

「ただし、その子を探さないでください。会えば必ずわかりますから。」
思い込みが強いと、この子かも、この子かも、と思いすぎて直感が狂うらしい。

本当だろうか。
本当にそんなことがあるだろうか・・・。
8月?時期的に考えるとそれはあやめの子だろうか?

犬に生まれ変わりはあるんだろうか。
でも、アミがもし生まれ変わることを望むなら、私の元じゃなくても応援しよう。

母にその話をすると、母はこともなげに言った。
「生まれ変わり?あるんじゃない?
私が手放さないで残す子は、最初に見た時からピンと来るのよ。」
「え、じゃあ詠太は誰の生まれ変わり?」
「・・・パピーかしら・・・?」
(詠太は最近残した母の秘蔵っ子、パピーは以前母のかわいがっていた子だ)

・・・・まじ?

数日後、夢にアミがやたらとにこにこしながら出てきた。
アミを呼び出しすぎて引き留めるまいと思ってから、私の気持ちは軽くなった。

生まれ変わりだろうとそうじゃなかろうと、犬との出会いもまた縁だ。
楽しみに待つことにしよう。

e05.jpg
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する