FC2ブログ

アミはアミなの!

犬と暮らすWEB漫画

グミアゲハ

 全然大きくならないアゲハの幼虫がいた。
色つやも悪く元気がなかったので、きっと寄生されているんだろうなぁと諦めていた。
このままでは芋虫のまま死んでしまうのだろうと思っていたら、飼育箱の蓋で小さな小さな蛹になった。

普通4日目あたりで寄生蛆が出て来るのだが、変化なく10日以上過ぎ、ある晩黒くなり始めた。
「えっ、羽化するの?」
目を凝らして見ると中の模様入りの黒い羽が透けて見える。
あわてて飼育箱をベッド脇に移して羽化の準備をした。

普通は明け方羽化して、飛べるようになるまで3時間近く羽を伸ばして行って、朝日に飛び立つのだが、朝6時になっても羽化せず。
うとうとしながら見守っていたが、ちょっと目を離した9時、小さなナミアゲハが。

「うわー、信じられない!モンシロチョウくらいのアゲハだ!」
物差しで測ってみたら体長2.5センチ、羽の上から下まで入れても4センチだ。
見たこともない小さなアゲハ蝶(♂)は、よく見ると奇形だった。
花の蜜を吸うためのストローが2本あり、そして足は4本しかなかった。
小さすぎて6本足を生やすスペースがなかったのかな。
ストローも口元から2本出ているのでうまく丸められないようだ。
これで花につかまったり蜜を吸ったりするのは難しいんじゃないんだろうか。

母が「きゃー、可愛い!うちで飼うしかないわよ。」
もちろんそれは無理だ。
どこまで生きられるのかわからないが、しばらくしてから外に放した。

あとで聞いた話によると、奇形蝶の市場があって、状態によっては高く売れるそうだ。
珍しい奇形になると一頭数百万円とか。
えっ、放蝶は早まった?

いやいや、だってそれって標本になるんでしょ?
いくら長く生きられなくても、標本になるって分かって売るなんて、どう考えても無理です!

母と名付けた「ナミアゲハ」ならぬ「グミアゲハ」。
どこかを飛んでいてくれるかなぁ。

(私の手に止まっている写真を見て下さい。指の第一関節までしか体長がないでしょ!)

e71.jpg

グミアゲハ1

グミアゲハ2
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する