FC2ブログ

アミはアミなの!

犬と暮らすWEB漫画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

治療開始

 すごいことだ。
別犬のようだ。
病院から帰ってきて、体に回った毒素を吸着するための薬(平たく言えば活性炭)と血流を良くする薬を飲ませて数時間後、部屋中にばらまくように大量のウンチをしたかと思うと、あみりが飛び回り始めた。
毒素が脳に回ったんじゃないかと心配するほど元気にあやめにじゃれつき、段ボールをちぎって遊んでいる。

足元のふらつきも数日で治まって来た。
排毒と共に新たに毒素を溜めないように、たんぱく質の量も書きとめるようにした。
たんぱく質を摂ると生まれてしまう窒素やリンなどの毒素を増やさないためだ。
と言ってもあみりが今の所たんぱく質を受け付けないので食べすぎる心配はないのだが。

色々なサイトを見て、本も数冊買いこんで、あみり用の5g単位の成分分析表も作った。
この分析表はグリコの成分分析表のサイトが非常に役に立った。
欲しい食材だけリストアップして、gを入力すればたちどころに一覧表が出来るので、それをコピペすれば素晴らしいデータベースがあっと言う間に出来る。

当分は良質のたんぱく質を少量何とか食べさせる工夫をして、あとは野菜果物・炭水化物をメインにベジタリアン生活になりそうだ。

5日後の今日、再度H動物病院へ。
「何を食べてますか。」と聞かれたので、
「柿、りんご、小松菜、大根、枝豆・・・あとはカッテージチーズ5gとミルクです。」
「・・・うさぎですね。」

前回、胃に食べ物が入っていてエコーがうまく撮れなかったので、今日はご飯を食べさせないで再度エコーをしてもらった。
今回はきれいに見えたそうだ。(すごいなぁ、あんな小さな子犬の小さな腎臓の中身まで見えるなんて)
左の腎臓に空洞があると言われた。

これが成長と共にどうなっていくのかはまだわからないそうで、追跡調査。
一週間後、BUN値を見るためもう一度血液検査、そして尿検査をすることになった。
BUN値とは血液中の尿素窒素のこと。
普通は腎臓から排泄されるが、腎不全の時、または肝臓が過剰に産生していまうと増える。
BUN値はすぐには下がらないそうだが、見た目が明らかに元気になって来ている。

腎臓病は治る病気ではないし、長生きは望めないかも知れないと思っている。
でも希望は大事だ。
奇跡が起こりますように!

追伸:「愛犬アミ」の電子書籍化が決まりました!
配信日が決まりましたらお知らせします!
自分の漫画がスマホで読めるようになるなんてCOOOOL~!

e89.jpg
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あみりちゃん 元気になってよかったですね
あやめちゃんとは~親子みたいなんですね~うちは.一人っ子なので うらやましいです。
きっと いい子に 育つと 思います。

ぴーすけ | URL | 2014-12-01(Mon)22:57 [編集]


Re: タイトルなし

ぴーすけさん、ありがとうございます!
少しずつでも体重が増えて、子犬らしく育ってくれると嬉しいです。
今まで食べられなくて骨ガリガリでしたから。

あやめとあみりはほんとに仲がいいです。
あやめが良く遊び相手にもなっています。
私もアミの時は一頭だけでいいと思っていましたが、多頭飼いも良いなと最近実感です。

村上アキ子 | URL | 2014-12-02(Tue)00:47 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。