FC2ブログ

アミはアミなの!

犬と暮らすWEB漫画

人生は必然か

 母が逝ってから3週間。

いままで理不尽に思えていたことが必然だったのかもと思い始めた。

2年前、アミが突然12歳で死んでしまったのは、どう考えても理不尽だと思った。
大切に育てていたのだから15歳くらいまでは生きてくれると思っていた。

でも、もしもそうだったら母がいなくなった今も生きていて、私は愛犬を看取るということを一人でやらなければならなくなっただろう。
アミの漫画はまだ出版されず、連載は続いていて、母が自分も出演している漫画を手に取ることはなかっただろう。

母の子育てはユニークだった。
幼いころから「夢見る夢子さん」だった私は、幼稚園に定時に行けたためしがなかった。
朝ごはんを食べながら手が止まり、支度をしながら手が止まり、おとぎ話の夢想に入ってしまうので時間通りにすすまないのだ。
それでも母は一回も「早くしなさい」と言ったことがなかった。
必ず「何を考えているの、あっこちゃん」と聞き、私が「あのね、いまね、王子様がね、」と物語を話し始めると、黙って聞いて、「そう、良かったわね、じゃあご飯を食べましょう」と促したものだった。

電車に乗れば本を読んではるか遠くまで乗り過ごし、夢想しながら学校から上履きを履いて帰り、家ではピアノを弾くか漫画を描くか本を読んで過ごし、小学校の宿題は一回もやって行ったことがなく、立たされてもマジックで顔に罰点を書かれても平気な顔をしていた。
それでも母は「困るのはあなただから」と怒ったことはなかった。
それどころか担任に「顔に書くとは何事ですか。手ならわかるけれど顔に書いたら本人に見えない。これは罰ではなく見せしめです。」と文句を言いに行った。

母には教育の信念があった。
その子の才能を伸ばそう、芽を摘まないようにしよう、と、私にも弟にもしてくれたが、親戚や近所からは随分変わり者扱いされた。

だから、私の「アミはアミなの!」が本になると決まった時、母は泣いた。
だれかれ構わず私の本を買って配った。
がんセンターに入院してからも看護師さんに本をプレゼントしていた。

アミ本の出版は母の長い信念の子育ての成果なのだ。
それが間に合ってよかった。

だからアミが先だったのだ。
まだ12歳なのに何故、とその時は思ったが、長い間かかって答えが出る時もあるのだ。

『起こることと、起こる時期は全て絶妙なタイミングで必然だ』という事を私は信じる人間だ。
母が逝ってしまったのは早すぎる、と、今は思っているけれど、きっとその答えが分かるときもいずれ来るのだろう。

e110.jpg
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-04-20(Mon)18:53 [編集]


Re: タイトルなし

ぴーすけさん、大変な思いをされたのですね。
お二人同時にそんなことが起こるなんて、受け止める側の辛さは想像がつきません。

おっしゃるとおり、自分の中での解決策は悔いの無い生き方をする、と言う以外ないんですよね。
スピリチュアリストの江原啓之さんが婦人公論で言っていた、「看取りは残されたものの試練」とは、
まさにその通りと思います。

反対に、その試練を乗り越えて学べる器があるからこそその役目を負ったのだと思います。
お互い人生を深く生きていけるよう頑張りましょうね!

村上アキ子 | URL | 2015-04-21(Tue)00:48 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015-04-21(Tue)22:25 [編集]


Re: タイトルなし

ぴーすけさん、ありがとうございます!
本当に・・・。
犬がいなかったら家に帰りたくなくなったでしょうね。
病気をしないように頑張ります!

村上アキ子 | URL | 2015-04-21(Tue)23:55 [編集]