FC2ブログ

アミはアミなの!

犬と暮らすWEB漫画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フルーツコウモリ

 テレビでオーストラリアの動物保護のドキュメンタリーをやっていた。
その中で親を失ったコウモリの赤ちゃんを育て自然に返す活動をしている女性を紹介していた。

赤ちゃんは大きくなるまで母親のお腹につかまって乳首をくわえたまま育つのだそうだ。
テレビでは一匹ずつタオルにくるまれて哺乳瓶のゴムの吸い口の所だけを口に突っ込まれて、バスケットに立てかけられている赤ちゃんたちが写っていた。

どうみてもあみりにしか見えない。

異常な可愛さだ。
コウモリはなんだかネズミの延長に感じていたが、映像を見る限り空飛ぶ犬だ。


 あみりはその日によって食欲も違うし、食べたいものも違う。
腎臓や肝臓の悪い子と暮らしている飼い主はお分かりだと思うが、味覚異常や吐き気などがあるので、昨日食べたものが今日食べられるとは限らない。
はじめのうちは、あみりが食べられないと私の胃もきゅっとちぢんで気が気でなかった。

 母のことがあって少し腹が据わった。
母も肝臓のほとんどがガンに侵されていたので、味がしない、まずい、とよく言っていた。
食べないと栄養が摂れないと分かっていて一口でも頑張ろうとするのだが、それでも食べられなかった。
理屈が分かっている理性の人でさえも食べられないのだから、犬に無理やり食べさせるのは酷だし、無理だ。
本人のやりたいように、食べたいように任せ、寿命は天に任せよう、と最近は思っている。

それでも出来ることなら少しでも食べて体力をつけてほしい。
先天性腎不全の子は、腎臓が悪くなって死ぬより、食欲が無くて栄養不足で体力が低下して死ぬ率の方が高いそうだ。
だからとにかく栄養失調、特にカロリー不足に気をつけている。
あの手この手で食べさせてみると、あまり食欲が無い時も食べてくれるのはフルーツだと言うのはわかった。

特に柿、マンゴー、パパイヤと言った噛まずにつるっと入る物は大好物。
南国系フルーツは食べすぎは良くないと何かで読んだ気もするが、マンゴーは際限なく欲しがる。
デコポン、オレンジなどの甘い柑橘類も白目を剥いて食べる。
ちょっと苦味があると思うがグレープフルーツも大好き。

それでやっぱり遠縁はオーストラリアのフルーツコウモリなんじゃないかと。
写真見比べても、ねっ、似てるでしょ。

e116.jpg

コウモリ1

コウモリ3
上、フルーツコウモリ。 下、あみり。書かなくっても分かるって?
フルーツあみり
もっと見たい方は以下の出典参照。
http://www.alpacapacas.com/archives/1382
http://hamusoku.com/archives/8112207.html
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

可愛いですね。

自分も犬飼っていますが、果物はあまり食べないんですよね。
そしてフルーツこうもりの写真が可愛い(>ω<)

爪太郎 | URL | 2015-06-01(Mon)23:16 [編集]


Re: 可愛いですね。

爪太郎さん、ありがとうございます。
あみりがフルーツ食べるのは多分小さい頃から食べさせていたからだと思います。
腎臓病ですぐ気持ち悪くなって吐くので、たんぱく質を含まずカロリーの高いものを探していて、
ふと食べさせた柿をガツガツむさぼってくれたのがきっかけです。

こんな可愛いコウモリなら飼ってみたくなりますよね。
テレビでは少し大きくなったコウモリが人間のお母さんを後追いしてめちゃくちゃ可愛かったです。

村上アキ子 | URL | 2015-06-03(Wed)23:55 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。