FC2ブログ

アミはアミなの!

犬と暮らすWEB漫画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あみりの不調

 あみりが7月15日位から食べなくなって数日、体重も少しずつ減りはじめ、腎臓だけでなく実は腸にも疾患があったのではと思い始めて、はた、と思い当たった。
 ブログを読み返していて前回具合が悪くなったのは5月の頭、初ヒートの時だ。

つまり、想像妊娠の想像出産期なのでは?

お腹を触るとでこぼこしていて腸が腫れているのかと思ったが、そう考えると乳腺の腫れとも思えてくる。
そうであってほしい。
そうだとしてもかなり重症だ。
想像出産は、無い子は全く無い。
あやめも出来ちゃった気になる子で、2週間くらい食べなくなるので初めは焦ったが、あみりは元が小さいので食べなくなると目立つ。

食欲がないとき奥の手で食べさせていたものも一切受け付けず、薬を飲ませると吐くし、八方ふさがりだ。
10日後には亡父の郷里の島根に二泊三日で弟家族と帰る予定でMさんに泊まり込みをお願いしている。
私がこんな苦労するのだから、Mさんにはご迷惑をかけるに違いない。

迷惑ですんだらまだしも、旅行中死んだらどうしよう。
Mさんに恐る恐るお願いした。
「そんなわけで本当に大変だと思いますけど。」
「病気が悪化してるわけじゃないんですよね。」
「多分想像出産の影響だと思うので死なないとは思いますが、でも、もしももしも死んだら」
「いやいや、そんな」
「冷凍庫に可愛く丸くして入れて私が帰るまで保存しておいて。」
「・・・そっちですか!」
「冗談ですけど。」

半分本気だ。
目の中に可愛い顔の目をつぶったあみりが見えた。

病気の子を抱えている親はわが子の調子が少しでも悪くなると、こういう思いをしょっちゅうしているのだろうか。
大変なことだ。

やがてぐみが食べなくなり、あやめが食べなくなった。
ヒートもこの順番で来たので確定だ。
食べ始めるまで何日かかるか分からないけど、とにかく辛抱。
死ななそうなことだけは分かってちょっとほっとした。
あとは、その体調で他の人からご飯を食べられるか、チャレンジの3日間だ。

e126.jpg
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。