FC2ブログ

アミはアミなの!

犬と暮らすWEB漫画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

≪狭い!≫

 あんじゅが一人残った日、ケージを片づけるとともにウェブで注文しておいた掛け布団用防水シーツを羽毛布団にかぶせた。
あんじゅが今夜から参加するということで、おもらし対策だ。
敷布の下にはすでに前から防水シーツを敷いてあるので、これで完璧だ。

子犬は2時間おきくらいにおしっこをする。
ベッドは下が収納になっているタイプ。
高さは70センチくらいで結構高い。
私が熟睡しているとき、あんじゅが起きてきて降りられなくて布団で失敗!と言うのを避けるためだ。

さて、夜トイレを済ませてから寝室へ行くドアを開けると一目散に駆けて行って、なんと、ベッドに飛び乗った!
ホームセンターなどで売っている木製の足台を置いてあるのだが、それを使って駆け上がったのだ。

ぐみはいまだに上ることが出来ないのに、さすがあやめの子、運動神経抜群で大胆、末恐ろしい。
数日もすると、柔らかいクッションの上に直接飛び降り、夜中にトイレに降りて行くようになった。
ほぼ失敗はしない。

それなのに、大人たちが二日にまたがって失敗した。
面目丸つぶれではないか。
「あんじゅの爪の垢を飲ませたいよ、恥ずかしいと思わないの!」
全員はにわの目のような顔をして黙っている。

「あーあ、あんじゅが一番おりこうじゃないの。」
やっぱりこんなおりこうなんじゃアミだろうか。
(結局一週間後、あんじゅも布団の上で失敗した。そりゃそうだ。それでこそ子犬。)

子犬たちががもらわれて行った日、みんなを庭に出す時、あんじゅは一人で出られず最初はピーピー泣いていたが、二日目からは勝手に段差を飛び降り、帰りも飛び上がって帰って来るようになった。
お座りも二日で覚えて、みんなに交じっておやつの時座っている。
体が大きかったこともあるのかやたらとやることが早い。

やっぱりアミだろうか。
いや、でもアミにしては愛想が良すぎる。
しっぽをちぎれんばかりに振るところは別人だ。

まだまだ観察の余地あり。

しかし、シングルベッドに人間一人と犬4頭はどう考えても狭い!
どう寝返りを打っても犬に当たる。
どうすんの、私!

e160.jpg
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。