FC2ブログ

アミはアミなの!

犬と暮らすWEB漫画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

≪さすがあやめの子≫

 別室で仕事をして戻ってくると、あんじゅがリビングで遊んでいる。
「なんで?」
リビングとキッチンの間はリッチェル(メーカー名)の60センチ丈の柵で間仕切りしてある。
どうも足元にあるケージ①からパソコンチェア②に乗り、柵を飛び越え反対側のコーヒーテーブル③に降り、ソファー④に降りたようだ。

うーん、生後2か月半でそれか・・・。
椅子を柵から離してみた。

するとジャンプしてやっぱり越えた。
相当危ない。

完全に椅子をどけてみた。
今度はケージの屋根から柵を登って超えた。
うそ。

それでケージを別の場所に動かした。
すると二日後リッチェルの柵の端に頭をこじ入れて力技で通り抜けた。
それで柵をパソコンデスクにビニールひもで固定した。

これでひとまず大丈夫になったが、きっと時間の問題だ。
ビニールひもを見つけて噛み切るかもしれないし、
椅子に飛び乗ることが出来るようになるのもまもなくだろう。
そのうち直接柵越えをするに違いない。
最近あやめ母さんの飛び越える様子を見て「ずるい、私も」と叫んでいる。
学習は早いに違いない。

あんじゅがリビングに脱走して一番怒るのはあみりだ。
「なによ、ぽっと出のくせに!」
初めて出来た手下のはずだったのがあっと言う間に体重も追い越された。
子犬らしく天真爛漫に私に抱っこをせがんでくるとそばでキーキー言っている。

あみりは自分が一番大切にされて、頼めばいつも抱っこされると思い込んでいるので腹も立つはずだ。
あわててあみりも抱き上げる。
片手に二人を抱くと、あんじゅが触ったとか触らないとか言ってあみりがまた怒る。
それで両手で一頭ずつ離して抱かなければならない。

仕事にならないので早々に二人とも降りてもらう。

うまく仲良く成長してくれるといいのだけれど・・・多頭飼いは大変なんだなぁ。

(前から多頭飼いじゃないかと合いの手が入りそうだが、多頭飼いだったのは母だ。私は多いときで2頭、多頭飼いのうちにも入らないくらいだ。)

e162.jpg
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。