アミはアミなの!

犬と暮らすWEB漫画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

≪あみり生還≫

 皆様にずいぶんご心配頂いた。
おそるおそる「あのー、あみりちゃん・・・お元気ですか・・・?」と何人に聞かれたか。
私も今度こそだめかと思ったが、生還した。

体重も1.2㌔まで戻った。
一番元気だったころの1.4㌔には程遠いが、増えただけで大したものだ。
主食は相変わらず溶かしたボーロだが、少しずつ他の物も食べるようになってきた。

ありがたいのは少量カボチャを食べるようになったこと。
カボチャやジャガイモは腎臓病の子には主食代わりになる食材だ。
腎臓病の犬を飼っている人たちのブログや、犬の食事療法を紹介する本などでレシピを紹介してあるが、今まで食べてくれなかった。
「いいなぁ、あみりはこの食材リスト一つも食べてくれないもんなぁ。」と羨ましかったものだ。

それが、私が自分で食べようと買ってきて煮ていたら、椅子につかまり立ちして震えながら舌なめずりして「キュー」と言うではないか。
えっ、食べるの?
味を付けてしまっていたので、まわりをこそげ取り小指の先ほどあげてみるとハグハグと食べる。
すごいな。

あわててもう一度買いに行った。

そして2,3日前、近所で和栗モンブランのロールケーキを買った。
自分用にである。
コーヒーを入れて、さあ食べようと一切れ切り分けると、あみりが再び震えて舌なめずりしている。
あら。

抱き上げるとテーブルの上のケーキのマロンクリーム部分に鼻を突っ込むではないか。
周りのスポンジと一緒に結局ほぼ一切れ食べてしまった。
あらら。

この前和三盆ロールを食べて、「あれは美味しい」と学習したのだろうか。
ロールケーキに敏感な反応を示すようになってしまった。

一日の食事。
すなぎも一個
スイカ
カボチャ
ボーロ
ロールケーキ

砂肝以外ほぼ糖質。

かなり偏っているが、とりあえず体調を保っているようなのでこれで行くしかない。
最近は私の手を「ぐるる」と言いながら咥えるようになった。
私にじゃれる彼女なりの遊びだが、調子が悪くなってからはやらなくなっていた。

そんなことがとても嬉しい。
少し神経質になってちょっとしたことで悲鳴をあげるようになってしまったので、ますます人前には出せなくなった。
散歩も悲鳴を上げながら歩くので一苦労だ。

でも、何でもいいよ。
生きてさえいれば。
一日一日頑張ろうね、あみりとあたし。

e183.jpg
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。