FC2ブログ

アミはアミなの!

犬と暮らすWEB漫画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夕暮れをすぎて

キングの6年ぶりの短編集。
どれも読後感が残る作品で以前のキング作品にもまして情緒が感じられる。

『夕暮れをすぎて』-スティーブン・キング-
夕暮れをすぎて

文春文庫

ジャンル:ホラーサスペンス
サ イ コ度・★★★
サスペンス度・★★★
ホ ラ ー度・★★
ロ マ ン度・★
感  動 度・★★★★
読みやすさ度・★★★
 総合評価 ・★★★★


第一話 ウィラ
 列車の脱線事故でさびれた田舎の駅に残され、救援を待つ乗客の一群。
 その中でディヴィットの婚約者ウィラが一言も言わず姿を消した。
 ディヴィットは皆の止めるのを振り切り狼の遠吠えの聞こえる中、荒野の隣町にウィラを探しに出る。
 読み返したくなる印象の深い作品。

第二話 ジンジャーブレッド・ガール
 わが子の突然死をきっかけに走り始めたエミリー。
 ノンストップで行き先がわからない結末に引きずり込むキングらしい作品。

第三話 ハーヴィーの夢
 ハーヴィーがリアルな夢を見た。展開が少ないだけにリアルさが浮き出る小品。

第四話 パーキングエリア
 だれもいないサービスエリアでトイレに立ち寄ったら今しも犯罪が行われそうな雲行き。
 もし自分一人なら、現実的に助けられるのか否か。

第五話 エアロバイク
 メタボと医者に診断された男がエアロバイクを買ってダイエットに励み始めた。
 そこには困る男たちがいた!

第六話 彼らが残したもの
 この短編集の中で最も心に残る切なく沁みる珠玉作。
 9・11の事件をこの作家ならどう扱うのか、に答えを出した。

第七話 卒業の午後
 やはりストーリー展開が少なすぎて妙にリアル。ぞっとする。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。